カード考察

【カード解説】ポケモンけんきゅうじょ【ミラクルツイン】

こんにちは!!バガコンです!(@SplaBurgerCombo)

今回は「ミラクルツイン」で登場する「ポケモンけんきゅうじょ」のカード解説をしたいと思います!

ポケモンけんきゅうじょで出すことができるポケモンや実際使ってみた感想もお伝えしたいと思います!

ポケモンけんきゅうじょを使用した化石デッキの対戦動画もありますので、参考にしていただけると嬉しいです!!

ポケモンけんきゅうじょとは

ミラクルツインで登場したスタジアムです

山札から「なぞの化石」から進化できるポケモンをベンチに2体まで出すことができます

ただし、この効果を使用したら番が強制的に終了になります

効果を使用したターンにワザを使うことはできませんが、1進化ポケモンを2体ベンチに出せるのは強力ですね!

ポケモンけんきゅうじょで出せるポケモン

アマルス


進化先の「アマルルガ」の「フロストウォール」は次のターン進化ポケモンからダメージを受けないという強力な効果を持ってます

ワザのエネルギーは少し重いですが、水エネルギーであるため「ヌオー」や「アクアパッチ」などと組み合わせればワザも打ちやすいです

アーケン

進化先の「アーケオス」は1エネで強力なワザを持ってます

ポケモンけんきゅうじょで出すポケモンはエネがついていないという欠点がありますが、アーケオスのワザは1エネなので次のターンから起動できます

無色エネルギーで動けるため色々なタイプのデッキに入れても活躍が期待できます

オムナイト

進化先の「オムスター」の特性「かせきのしがらみ」でグッズロックができます

オムスターはアタッカーではないためエネをつけなくて良いことやベンチでも特性が発動する点で、ポケモンけんきゅうじょとの相性は抜群です

カブト

進化先の「カブトプス」は特性「かせきのきおく」で相手のサポートロックができます

ただし、オムスターとは違いバトル場にいないと特性は発動しないので注意です

化石デッキなら「アーケオス」の「とんぼがえり」を使ってカブトプスに交代すれば、ダメージを与えつつサポートも封じることができます

タテトプス

進化先のトリデプスの特性「だいちのたて」により、鋼ポケモンは特殊エネルギーがついているポケモンからダメージを受けなくなります

最近は強力な特殊エネルギーが増えているため、活躍する場が増えてきている気がします

化石ポケモンで鋼ポケモンは「タテトプス」と「トリデプス」しかいないため、鋼デッキやカウンターエネルギー・レインボーエネルギー採用型の化石デッキに入れると活躍すると思います

チゴラス

進化先の「ガチゴラス」の特性「ティラノハート」により火力と耐久が上がります

「かみくだく」+「ティラノハート」で160ダメージを与えつつエネ破壊ができるという超強力な動きができます

欠点はエネが少し重いことですね!

闘タイプであることを利用して、「くろおび」や「カウンターエネルギー」をうまく利用すればワザも打ちやすそうです!

ズガイドス

進化先の「ラムパルド」の「ワイルドボンバー」が超強力でタッグチームなどのたねポケモンに対してかなり有効です

「ワイルドボンバー」のエネは重いですが、1エネで打てる「クリーンヒット」もあるためポケモンけんきゅうじょで出した次のターンに「ラムパルド」に進化させて攻撃!という動きもできます

「ワイルドボンバー」を狙っていくために、「くろおび」や「カウンターエネルギー」をうまく利用していきたいところです

プロトーガ

「プロトーガ」は2つの進化先を持ってます

「アバゴーラGX」は闘タイプ、「アバゴーラ」は水タイプであるためピカゼクやレシリザに弱点をつけます

非GXの「アバゴーラ」の特性「こだいのしきたり」で相手のポケモンのどうぐの効果を無くせるため、「ジラーチ」「エスケープボード」を中心に回るデッキに対してベンチに出しておくと有効です

「アバゴーラGX」の特性「こうみつどアーマー」は相手の火力が低いポケモンに対して超有利です

高火力の相手に対してもほとんど一撃では落とされないことや「トリプル加速エネルギー」と組み合わせれば比較的ワザも打ちやすいことも強いと思います

プテラ

「プテラ」は他の化石ポケモンとは異なり、1進化が最終進化のポケモンです

「ポケモンけんきゅうじょ」ですぐに「プテラ」を出せるのは強いですよね

ワザ「かせきのキバ」が超強力で180ダメージを簡単に出すことができます

特に「トリプル加速エネルギー」があるため、「ポケモンけんきゅうじょ」で出した次のターンから攻撃をしやすいです

無色エネルギーで動けるのもポイントで「カラマネロ(サイコリチャージ)」と組み合わせたり、「ジカプ・コケコ♢(せんじんのまい)」などのエネ加速なども有効です

プテラGX

プテラGXも「ポケモンけんきゅうじょ」から直接出すことができます

特性「げんしのかぜ」で相手のたねポケモンのエネを重くすることができます

流行りのタッグチームに対してとても有効ですね!

特にGXワザと特性の相性がよいことや逃げエネが0であることも強さの一つです

逃げエネが0を利用して化石デッキの動きを柔軟にしたり、特性を利用してエネ破壊デッキに採用するのも面白そうです

ポケモンけんきゅうじょを使ってみた感想

ここからは、実際に対戦でポケモンけんきゅうじょを使用した感想とどのような立ち回りが良いかを解説したいと思います

1.できるだけ序盤に使いたい

対戦を通して「ポケモンけんきゅうじょ」を使用した回数は1〜2回くらいでした

理由は「ポケモンけんきゅうじょ」は使ったターンにターンが終わりますので、試合が大きく動く後半では使いづらい点にあります

逆に最初のターンに使用することができれば、有利な盤面を早い段階から整えることができます

したがって「ポケモンけんきゅうじょ」を採用するデッキでは、最初のターンにできるだけ「ポケモンけんきゅうじょ」を手札に加えられるような構築を目指したいです

例えば、「ジラーチ」や「スタジアムナビ」を採用するなどが挙げられます

補足として「フーパ」などの相手の動きを詰ませるポケモンと組み合わせれば、「ポケモンけんきゅうじょ」を後半でも使う余裕があるかもしれないですね!

2.エネルギー問題をどうするか

「ポケモンけんきゅうじょ」で出すポケモンにはそのターンにエネルギーをつけることができません

化石ポケモンの中でもエネが重い「アバゴーラGX」や「ガチゴラス」、「ラムパルド」などにとってはかなり厳しいと思います

一つの解決策としては「ポケモンけんきゅうじょ」だけに頼らず、「なぞの化石」も採用することでしっかりエネをつけながら化石ポケモンを育てていくと良いと思いました

もしくは1エネで動ける「アーケオス」やトリプル加速エネルギーで動ける「プテラ」を中心にしたデッキならばエネルギー問題もあまり関係ないですね

それかエネが必要なく特性がメインの「オムスター」のために「ポケモンけんきゅうじょ」を使うのもありだと思います

まとめ

化石強化により一つのデッキテーマとして確立しそうですね!

化石ポケモンはどれも面白い性能をしており、今後大会でどのような活躍をしてくれるのか期待です!!

ポケモンカードバトル、毎日投稿してます!

今すぐチャンネル登録!